ご結婚お祝いのミニブーケ

シンデレラ・ブルーを貴女に


五月の吉日に、私の友人の息子さんが晴れて入籍なさいました。

お嫁さんとなるお嬢様にミニブーケをご注文下さました。


息子さんと我が家の娘は小学校入学の時、同じクラス・席は教卓の真正面最前列で二人で席を並べ、それからずっと仲良くしていただき、クラス替えをしてもずっと6年間一緒。

中学受験を経て同じ中高一貫へと進学し、一緒に苦楽を共にした同志のような存在なのです。
ですから、まるで我が子が結婚するかのように嬉しく、感慨深いものがありました。


そんな大切な一人息子さんのご入籍のお祝いの席で、お姑さんとなる友人からお嫁さんにミニブーケを贈りたいとのことで、責任重大ではありますが、喜んでお引き受けしたのです。


あれこれ相談し、ブルーがお好きとのこと、ブライダルにぴったりのSOMETHING BLUEをと…きれいな「シンデレラブルーとピュアホワイト」の色合わせでお作りしました。


完成しましたのが、こちら。


お嫁さんのお誕生日とお姑さんのお誕生日が五月五日。

そして入籍も五月五日。しかも友人もその昔、入籍が五月五日。

もう「5」という数字がキーワードとしか思えません。

そんなわけで、シンデレラブルーのバラを5輪使いました。


もう少しアップで…


「絆」を意味するアイビーリーフには「Happy wedding」の文字を入れ、お花を囲むように入れます。

リボンはホワイト系にバラの模様が美しい上品なものを選びました。

このリボンはワイヤーが入っているので、張りもありこのままテーブルに傾けて置いてもお花へのダメージはほとんどありません。


持ちて部分は蔦模様のリボン。 ブーケを手にして頂いた時に少し下がる部分のリボンとお揃いに…そして、ハートを幾重にも重ねたモチーフのパーツを縫い付けてあります。

これから、お二人で心を合わせてお幸せな人生を歩まれますように願いを込めて。


アップでみるとシンデレラブルーの上品な色がよくお分かりいただけると思います。


パールも5粒です。

こちらのメーカーさんのバラは柔らかいトーンの色彩が大きな特徴ではありますが、繊細で扱いは慎重さが必要です。

最大限の注意をはらい、メリアに開花させました。


お嬢様の写真を拝見したところ、とても可愛らしく清楚な印象です。

真面目で優しいY君がこの女性と運命の赤い糸を結んだこと…納得です。


こうして記事を書いていても、小学校一年生から高校卒業まで、私の娘と一緒に成長した日々を思い出し、胸がいっぱいになってきます。

お二人のお幸せを心からお祈りいたします。


花とクラフト 華鈴

湘南平塚でプリザーブドフラワー教室&カラーセラピーをしております

0コメント

  • 1000 / 1000