プリザーブドフラワーの認知度について

正しく伝えていきたい


ゴールデンウィーク中のイベントで、たくさんのお客様とふれあい、会話をするなかで実感したことの一つにプリザーブドフラワーについて誤解があること、他の種類のお花と区別ができていないこと、価格が高いことの理由が理解されていないこと…などを痛感しました。


一番多かったのが、「ドライフラワー」だと思い込んでいることでした。

窓辺に逆さまに吊るして自然に乾かして作る一般的なドライフラワーもあります。

お手軽に楽しめていいですよね。

「透明なグラスにピッタリとフタをした原色ドライフラワー」というアレンジメント、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

こちらは、原色というだけあって、生花の美しさをそのままにドライな状態に加工され、グラスに封じ込めて鑑賞する、高級感のあるアレンジメントです。

百貨店・お花屋さん・もちろんネットショップ、ときにはホームセンターのお花コーナーでも扱っています。


美しいアレンジメントならば消費者にとっては、プリザーブドフラワーでも原色ドライフラワーでも、その他アーティフィシャルフラワー・ソープフラワー・ソラフラワーなど次から次へと登場する多種多様なお花の細かい差異は分かりづらく、混乱するのは仕方ないのかもしれません。

極端なことを言えば、別に知らなくていいことなのでしょう。

いつものことながら「ブリザードフラワー」の連呼も多かったです。。。


一方、男性でもプリザーブドフラワーにご興味を持ち、詳しくて専門的な質問を投げかけてくださる方もいらしたのは嬉しかったですね。


質問に対しては、出来る限り丁寧にお伝えしたつもりです。

「へぇ~、そうなの?知らなかったわ」もあれば「ありがとうございます。とても勉強になりました」と深々とお辞儀されたり…「なんだ、やっぱりドライフラワーと同じじゃないの」なんてことも(;^ω^) 

簡単にまとめますと、

プリザーブドフラワーは元は生花であり、特殊加工を施したもので、ドライフラワーとは製法が全く異なるお花であること。

今在るその美しい色は経年劣化と褪色をするのは避けられないこと。

・長持ちはしますが、環境や染められた色により差異はあり、いずれにせよ寿命はあること。


もし、ご興味がおありの方は私のブログの過去記事で詳しく説明していますので、再度お読みいただけるとありがたいです。

花とクラフト 華鈴

湘南平塚でプリザーブドフラワー教室&カラーセラピーをしております

0コメント

  • 1000 / 1000