ミニバラをメリアにする工程Vol.3

小さくても迫力が出ます


湘南平塚でプリザーブドフラワー教室をしつつ、オーダー品を承っております。

平塚 花とクラフト 華鈴(かりん)です。


お花の好きな方に向けて、プリザーブドフラワーのことを中心にカラーセラピーや日々のことについて書いています。


ミニバラ2輪を使って、1輪は蕾に(Vol.2で紹介しました)もう1輪は大きく開花し完成するところをご紹介いたします。

さて、通常は1輪のバラを分解して再構築し咲き方を変えるのがメリアですが、今回は蕾で外した花びらが余っていますよね?

これも使ってメリアにしていきますので、イメージ的には1.7輪くらいの花びらの量になります。それだけバランスが取りづらく、どうしたら自然に美しく咲かせることができるのかが、観察力と想像力にかかってきます。

これができるようになると本当に楽しいですよ。

面倒だと思うか…手間暇をかけた甲斐があると感じるか? 
是非、楽しんでいただきたいと思います。


花びらの根本に少しだけ(赤ちゃんの爪を切るくらい細かく)カットしてホットグルーを使い、花びらを貼っていきます。

中心部分から外にいくにしたがって、だんだん切り込みを大きくしていくのがポイントです。

グルーを付けてから、「さて、どこに貼ろうか?」なんて迷っているとあっという間に固まってしまいますから、常に次はここに貼る…と考えながら行うことが大切です。

初心者がやってしまいがちな失敗は中心部が飛び出したり、逆に引っ込んでしまうパターン。

あらゆる角度からチェックしながら、花びらが開いていく具合を考えながらやっていくと上手くできますよ。



八重咲のようなバラが完成しました。

なるべく歪まないように…でも作り込み過ぎて不自然にならないように、ここはセンスを生かしてくださいね。

オリジナルのバラと比較してみるといかにボリューム感が増したか、お分かりいただけます。


こちらが、オリジナルのサイズ。


そして、こちらが1.7輪のメリアです。


いかがでしょうか? 20㎜が44㎜になりました。

なんでもかんでもメリアにすればいいというものではありませんから、デザインに応じてチャレンジしてみるといいですね。


初心者の方には、少し難しいですがレッスンで慣れてきたら、まずは私のデモンストレーションをご覧いただき、イメージをつかんでから取り組んでいただいています。

今回は同じ色のバラでメリアにしましたが、2色の異なる色でのメリアもあります。

ただし、色合わせが肝心です。
上品に仕上げるコツなどはレッスンでしっかりお伝えしていきます。

花とクラフト 華鈴

湘南平塚でプリザーブドフラワー教室&カラーセラピーをしております

0コメント

  • 1000 / 1000