お供えのお花に心を寄せる

概念を変えてみる

湘南平塚でプリザーブドフラワー教室をしつつ、オーダー品を承っております。

平塚 花とクラフト華鈴(かりん)です。

お花の好きな方に向けてプリザーブドフラワーのことを中心に、カラーセラピーや日々のことについて書いています。


先日、あるセミナーに参加して新たな勉強をしてきました。

その先生は、フューネラル事情に精通した素晴らしい方なのです。

そして、私はこのセミナーでのお話しを聴講してから、これまで拘りをもってやってきたことが、場合によっては正しいとは言い切れないことに気づきました。


そんな矢先、お久しぶりに出会った知人から「お供えのお花のアレンジメント」のオーダーを承りました。


長い闘病の末、ご実家のお父様を亡くされたとのこと…。

お仕事をしながら、嫁ぎ先のこちらでもお姑さんの介護もあり、お郷のお父様のお見舞いへも行っていたとは…本当に体力的にも精神的にもきつかったことでしょう。


亡くなられたお父様にとても可愛がられていたこと、生前はお花を育てるのが大好きだったことなど、亡くなった今でもお父様に対して、注いでもらった愛情と感謝の気持ちが溢れていました。


忙しいお仕事の合間を縫って、具体的にどのようなアレンジメントにしていくか、打ち合わせの時間も作ってくださいました。

そこで、とても助かったのがお仏壇の大きさや雰囲気が分かる一枚の写真です。

お仏壇の中にどのようにお供えしたいのか?(例えば、クリアケースから出してお供えするとか)大きさの許容範囲や、お花の種類やお好みのお色など、打ち合わせは多岐に渡りますが、できるだけ具体的に率直にお話しいただけると、可能な部分と他の方法で対応する方がベターな場合などが浮かび上がってきます。


ご実家のお母さまとお兄様がお選びになったお仏壇と仏具の美しさに驚きました。
センスの良さがうかがえます。

花器もいくつか提案し、ご本人にお選びいただきました。

花材の仕入れに行きましたが、お花が大好きだったというお父さまのもとに届くように…仏具から得たヒントを生かし、お作りしてみようと思います。


S様、もう暫くお待ちくださいね。

※ 画像は今回のお供えのお花とは無関係です。

花とクラフト 華鈴

湘南平塚でプリザーブドフラワー教室&カラーセラピーをしております

0コメント

  • 1000 / 1000