ペットのお悔やみアレンジ

大切なパートナーをフォトブックでいつもそばに

湘南平塚でプリザーブドフラワー教室をしつつ、オーダー品を承っております。

平塚 花とクラフト華鈴(かりん)です。

お花の好きな方に向けてプリザーブドフラワーのことを中心に、カラーセラピーや日々のことについて書いています。


納品してずいぶん時間が経ってしましたが、ペットを亡くされた方に贈りたいとのご注文をいただき、お作りした作品を紹介いたします。


今や空前のペットブーム…子供の数よりペットの数が上回っているそうですね。

家族同様に時間を共に過ごし、可愛がり、年老いてくれば介護も必要です。

最後まで面倒を看る…辛いことですが、責任を全うすることは大切ですね。


フンワリとイメージだけお伺いし、「できれば写真と一緒にアレンジしてもらえたら」とのことでした。

完成しましたのはこちらです。



ボックスの中が少し暗く映ってしまいました。。。

本を開いたようなデザインの花器です(こちらは既に終売のものです)

画像のピンク色の部分にLサイズの写真を入れられる構造になっています。

ヒンジなどは無く、マグネットで固定されます。


ボックスにはスライドガラスでカバーできるため、埃もつかず便利ですね。

透明なガラスなので、少々画像では分かりづらいかもしれませんが、このようにスライドして時々埃を拭き取ることもできます。

溝が切ってあるので、それに合わせてスライドさせればピッタリとはまります。

ガラスが飛び出ないようにストッパーもあり、とてもよい作りだと思います。


ブルーやグリーンなどの寒色系がお好きな方だと伺いました。

その辺りをヒントに、アップルグリーンのグリーンボールを細かく分けて、ワンちゃんが走り回ったであろうフワフワの芝生をイメージしました。

ブルーもはっきりした色では強すぎるので、わずかにグレイがかった淡いブルーで空の色。

ヌードピンクやベージュ、ホワイトのスモーキーカラーは柴ワンコちゃんの毛並みの色を表現したいと選びました。

違うアングルからもう一枚。


一番手前にあるこの何とも言えないベージュ系…本当に大好きな色で、もう手元にある最後の一輪でした。

「ペットロス」という言葉もあるくらいですから、まだきっと寂しい想いでお辛いことでしょう。

悲しい気持ちは時間が解決してくれると思いますが、一緒に過ごした楽しい思い出の写真とともに、その寂しさを癒していただきたいと思います。



本日もお付き合いくださり、ありがとうございました。

花とクラフト 華鈴

湘南平塚でプリザーブドフラワー教室&カラーセラピーをしております

0コメント

  • 1000 / 1000