友人の息子さんのご結婚お祝い

お母さまから息子さんご夫妻への贈り物


湘南平塚でプリザーブドフラワー教室をしつつ、オーダー品を承っております。

平塚 花とクラフト華鈴(かりん)です。

お花の好きな方にむけて、プリザーブドフラワーのことを中心にカラーセラピーや日々のことについて書いています。


先日、オーダー品をお納めしてきましたので、紹介いたします。

昔からの友人の息子さんがご入籍を済ませ、12月には身内で挙式と披露宴をするとのことで、新郎のお母さまである友人から、これから始まる若いお二人にお花をプレゼントしたいとご注文いただいたものです。

こんなに大切なお祝いに私が関われるとは…心から嬉しく思います。

今回は直接お会いして、花器選び、使いたいお花のお色、デザイン、リボンに至るまで、色々とお見せしてできる限りご要望に添えるように打ち合わせをしてお作りいたしました。


完成した作品の全体像はこちらです。


ピュアホワイトのバラとガーベラ、アジサイ、カスミソウなど「白」に拘りました。

オーバルに広がるデザインをご希望でしたので、花器もバランスを考え、ホワイトのオーバル型をチョイス。


お祝いのメッセージもお選びいただき、「絆」を意味するフレッシュグリーンのアイビーリーフにプリントしてあります。



正面からはあまり目立ちませんが、something blueにちなみ、シンデレラブルーという可愛らしいネーミングの水色のバラも入れました。

このブルーは花嫁さんがお好きな色でもあるそうで、お姑さんになる友人から花嫁さんへの想いも込め、このお色を選ばれたのです。


新郎・新婦がファーストダンスする様子のピックを選んだのがポイント。


後ろに向かうほど大きくなるように3輪のブルーのバラの咲かせ方を変化させました。

どのアングルから見ても美しいように…そして幸せが末広がりになるように…このような意味を含んでいます。

このシンデレラブルーはとても綺麗な色ではありますが、真っ白の中にポンと入れますと、かなり主張しますので、あえて正面からは目立たない位置に活けたのです。



たくさんの愛を与え、受け取れますように…この一輪のピンク色のバラは花嫁さんをイメージしました。大きく開花させてあります。


そしてこちらは後ろ姿です。



優しいピンク色ベースにゴールドのバラの模様のリボンで華やかに。


両家のご両親も新郎新婦の未来をそっと見守っています。

これからの人生、穏やかな時もさざ波が立つ時もあることでしょう。

どんな時もしっかりとお二人で手を取り合って、支え合って共に歩めば大丈夫。

どうぞ末永く、お幸せに…心からお祝い申し上げます。


この作品は、息子さんの計らいで披露宴会場の受付に飾っていただけることになりました。

結婚式場に直接交渉までしてくださったとのこと、楽しみにお待ちいただいていると伺い、本当に光栄で、感謝の気持ちでいっぱいです。

この度はご注文ありがとうございました。

花とクラフト 華鈴

湘南平塚でプリザーブドフラワー教室&カラーセラピーをしております

0コメント

  • 1000 / 1000