悲しみに寄り添うフォトフレームアレンジ

大切な思い出をいつもそばに…


湘南平塚でプリザーブドフラワー教室主宰&TCマスターカラーセラピスト。

平塚 花とクラフト華鈴(かりん)です。

ご訪問、ありがとうざいます。


今日、ご紹介する作品は長年の友人の大切な家族の一員(ワンちゃん)がお空に旅立ち、そのお悔みとして私から贈らせていただいたものです。


長い間、病魔と闘い、獣医師さんも驚くほどの頑張りを見せてくれていたそうです。

手術や投薬、通院に看護…こんなに大切に可愛がってもらって、最後の最後まで命を燃やしきりました。

ご家族も気が休まらない日々だったことでしょう。


ワンちゃんに万が一のことがあったら、アレンジメントを作って欲しいと以前からお願いされていました。

カタログからお好きな花器をお選びいただいてあったのです。


まずは完成品はこちらです。


ガラス製のフォトフレームです。

ブラックの鏡面仕上げが美しく、スタイリッシュ。
高級感もあり、非常に良い作りです。


アレンジメントする前の状態はこんな感じです。

撮影している私が映り込んでしまい、お見苦しくてすみません。

画像では細かな部分は分かりづらいのですが、縁(ふち)は面取りしてあり、それがまたとてもオシャレな印象となっています。

一面のみのシンプルさ、薄さも特徴の一つでしょう。


お花の部分を少しアップにしてみます。


お悔みのアレンジメントですが、ワンちゃんは女の子。

飼い主様からも可愛らしくしてほしい、デザインや花材はお任せとのご指示でした。

お名前にも因んで可愛いピンクをメインに、白・黄緑・黄色のプリザーブドフラワーと雛あられのような白やピンクのピックも入れました。



フォトフレームですから、当然写真も飾れるようになっています。

2カ所のツメをずらすと、画像のようにドアのように開きます。

一般的なフォトフレームは全体的にパカっと外しますが、こちらは斜めに写真をスライドさせてセットするデザインになっています。


画像が多くなりましたので、次回に続きます。


本日もおつきあいくださり、ありがとうございました。


花とクラフト 華鈴

湘南平塚でプリザーブドフラワー教室&カラーセラピーをしております

0コメント

  • 1000 / 1000