愛猫ちゃんを彩るフォトフレーム

湘南平塚でプリザーブドフラワー教室主宰&TCマスターカラーセラピスト。

平塚 花とクラフト華鈴(かりん)です。


ご訪問、ありがとうございます。

お手入れ要らずで美しく長く咲き続けるプリザーブドフラワーをご自分でアレンジメントしてみたい方に少人数でレッスンをしています。

カラーセラピーセッションではご自身に気づき、自分や癒す方法もお伝えしていきます。


本日はブログでお世話になっている方からのオーダー品について紹介していきます。

史上最高に可愛い一枚を飾っていただきたい

お嬢さんが可愛がっていた猫ちゃんが病気で亡くなったので、フォトフレームをお願いしたいとのご連絡をいただきました。

お嬢さんはとても悲しんでいる様子だそうで…本当に胸が痛みます。

お色についてはリクエストに出来るだけお応えいたしたく、ご予算も併せてご相談し決めました。

オレンジ系で決定

ご希望のお色さえ決まってしまえば、あとはお任せで作らせていただきますので、ほぼ瞬間的に全体のイメージ像は私の頭の中に描かれます。

完成し、お届けいたしましたフォトフレームはこちらです。



以前から何度か登場しているガラス製の鏡面仕上げで重量感と高級感のあるフォトフレームにプリザーブドフラワーをアレンジメントしました。

メインにはハッキリとしたオレンジ色のバラを使用しましたが、「優しい性格だった」という猫ちゃんのいイメージを大切に…オレンジ系のグラデーションカラーに仕上げました。


お悔みのアレンジではありますが、悲しみを乗り越え、心を癒すアレンジにしたいと常に想ってお作りしています。

ですから、ご覧になった瞬間に「可愛い!どの写真を入れようかしら?」と前向きになっていただきたいのです。

今回は差し色のミントグリーンのコロンと丸いバラを入れました。


フォトフレームを横から見るとこんな感じです。

お花か少しでも長持ちするように、そして配送の途中でデリケートなプリザーブドフラワーが損傷しないように、クリアケースにお入れしてお納めします。

その都合上、高さやお花を入れる範囲に制限があるなかで、立体感や動きを出すのが難しいところ。

この場合のリボンはお花の保護の意味もあり、サイドにフリルのように飾り付けているのです。



背面はこのような造りになっており、お好きな写真を入れることができます。


クリアケースに入れたまま飾ることも可能

下の画像のように、写真を入れたあとに再びクリアケースに納めて鑑賞することもできます。

生花のように楽しみたい方は出したままでも、もちろん構いません。

何かの衝撃でパタン!と前向き倒れてしまった場合、クリアケースが保護してくれる安心感はあると思います。

作品のイメージに合わせてリボンは無料でお掛けします。

(当方にお任せください)

話は逸れますが、お作りしていて「もしかして猫ちゃんは茶トラちゃんだったのかな?」と思いました。

伺いましたら、やはりそうでした。

だから、オレンジ色だったのかもしれませんし、心がオレンジを選んだのかもしれません。


この度は、大切なご家族の一員である猫ちゃんのためのアレンジを託してくださり、ありがとうございました。

一日も早く、傷心のから立ち直り、元気になってくださいますように願っております。


花とクラフト 華鈴

湘南平塚でプリザーブドフラワー教室&カラーセラピーをしております

0コメント

  • 1000 / 1000